ハードなUVからちゃんと素肌をブロックする日焼け対策の秘密

日焼けどめの使用は、紫外線を浴びてしまうことを事前に予防するための、最も基本的な方法だと言っても過言ではありません。

紫外線の予防として有効なのは、サングラス(マジックミラーや偏光ガラスが使われていたり、度が入っていたりすることもあるでしょう)をしたり帽子や日傘を利用すること、が昔からの方法でしょう。インターネットショップのコスメコーナーなどでは通常、直射日光が強いシーズンになると、色んな日焼け止めグッズ取引されているUVケア用のクリームには、いろいろな強さがあり、その日の天気やどんな行事なのかなどに応じてそれぞれ使い分けることが必要となります。

日焼け止めを選ぼうとする時には、PAとSPFの数値の大きさが、重要なポイントだと言えます。

SPFの値は、紫外線B波を遮断するはたらきの強さの数値です。

SPFの数字が強い日焼け止めは、紫外線B波を抑制する効果が大きいと言えます。

とはいえ、紫外線を防ぐ効果が強めのUVクリームは、肌に対する負担が強く、普段からつけていると肌荒れを招く可能性もあると考えられます。

外出する時間や目的に応じて、SPFの数値のそれぞれちがうものを上手に使い分けることも、お肌の健康を良好にしておくには大切なことです。

この先、日焼け止めを買うことになったら、PAの数字もなるべく確かめておきましょう。PAの大きさは肌が黒くなってしまったり、しみやシワなどの原因となる危険性のある紫外線のA波を防止するための効果のつよさを表しています。スポーツ観戦など、長い時間の間外にいるおそれのある人はPAの高いものを、通常と同じような予定を送っているならば、PAの値がそんなにではないものにするとよいでしょう。

UVケアの場合、汗で溶けて状態が発揮できないこともありますので、1日に何回も塗り直しを繰り返すのが確実です。